▶【経営コラム】事業計画には様々な種類があります。

2019年09月30日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 …思い切って1期でもクールダウンしてみるのも一つの選択肢です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ほとんどの事業計画(未来に向かっての計画)は、過去・現在からの延長線上に立案されています。現事業をどのように守って育てるのか?
もちろん極めて重要な事項ではありますが、過去・現在からの延長線上の事業計画に縛られすぎると、新しい事業や発想は生まれてきません。
今とは違う事業、今とは違うやり方…過去・現在の延長線上にこれらの解が存在しないからです。

●新しい事業立地を探す、新しいルールを自社で創造する…
●より上位でニッチなマーケットを狙う…
●社長自身の新しい社長像・生き方を模索する…
●価格や商品構成を抜本的に見直す…
等々です。

■また、ほとんどの事業計画(未来に向かっての計画)は、増収・増益をその目標に置いています。その戦略や戦術が不明瞭であっても、売上を伸ばし利益を増やす計画になっています。机上の計算では、売上をプラスして、粗利益率を少しずつ改善し、販管費の増加を粗利益額の増加よりも少なめにして数字を走らせれば、計画上の営業利益は簡単に増えます。売上げを毎年3%増やし、粗利益率を毎年1%改善し、販管費の増加を年率3%増で抑えれば、5年後には売上高は16%増、営業利益率は5%以上増えます。机上では簡単ですし、特定の状況下・ステージでは実現できますが、すべての企業に当てはまるわけではありません。

■事業計画には様々な種類があります。

1.増収・増益を狙う計画
2.減収・増益を狙う計画
3.売上横這い・増益を狙う計画
4.減収・減益を狙う計画
5.細かい数値計画を伴わない計画
…等々です。

◆減収・減益を狙う計画とは…

長期間成長を続けてきて、成長疲れをしているステージにある会社様は、状況が許せば、減収・減益になる計画、場合によっては赤字転落する計画を立案してもよいかも知れません。成長疲れとは、力以上の売上、客数…を取るための、力以上の商品構成や業務を抱えてしまっている状況のことです。クレームやトラブル、離職が極端に多い企業様には、この成長疲れという企業病を患っているケースが多いです。思い切って1期でもクールダウンしてみるのも一つの選択肢です。この期間に徹底的に選別と絞り込みを行ってください。思いのほか収支は悪化しません。案外…との結果がほとんどです。

◆細かい数値計画を伴わない計画とは…

新規事業の計画などはこの部類に入ります。3年~5年で次の柱を構築したい、そのために先行投資をして事業を創る、こんなケースです。
・3年~5年後には□□位の売上と利益を作る。または、…の状況を作り上げる。
・最大〇千万円までの先行投資(累積赤字)は想定する。
・上記のイメージと予算をもって、一つ一つ考えながら都度判断して行動する。
予見不可能なことに無理やり細かい数字を与えても、そのことから生まれる利はありません。良い意味で行き当たりばったりに取り組む…賛否両論があるでしょうが、これも一つの選択肢です。

事業計画には様々な種類があります。事業計画を作るときには、その種類を検討してください。もちろん増収・増益計画がベストです。減収の計画を長期間続けるわけにはいきません。企業の存在価値が減じます。減益の計画、ましてや赤字の計画を長
期間続ければ破綻します。当然です。それでもあえて申し上げるならば、増収・増益を継続できる企業はそう多くありません。また、増収を狙って減収する場合と、減収を見込んで減収する場合では、その利益に与えるダメージは大きく違います。前者が甚大で、後者は軽微です。
中小企業には伸ばし疲れの(伸ばそうとして疲れる)企業を少なからず見受けます。企業体としても、時には一休み、リフレッシュも必要ではないでしょうか。
事業計画には様々な種類があります。
ご一考いただければ幸いです。

 


※銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、クライアントに『お金の心配をできるだけしない経営を行ってもらう』ための新しい機能(=金融機関対応を含む財務の機能)を持つことを宣言いたします。我々は、『税理士』ではなく、『新・税理士』です。遠慮なくご相談ください。

 

このページの先頭へ