▶【経営コラム】創業者様相談事例(その2)

2018年12月03日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔Q&A〕その4:人脈・営業先開発について?
〔Q&A〕その5:創業融資をすぐ受けるべきか?
〔Q&A〕その6:大きなチャンス?大きな賭け?力相応か?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

…前回号からのつづきです。

創業者様からの相談に対するQ&Aを整理します。
経営は百社百様です。故に、これが正解でこれは間違いなどと断定するつもりはありませんが、それでもある程度の方向性をお示しすることはできます。
以下、ご確認ください。

■〔Q&A〕その4:人脈・営業先開発について?
 
●(創業者D氏)
『2か月前に創業しました。日々、販売する商材と人脈を求めて駆け回っています。なかなかいいアイデアとご縁が見つかりません。』

◎(当事務所担当者)
『アイデアやご縁を外に求めることも重要ですが、まずは、自分のキャリアを整理してください。何が得意なのか?何ができるのか?何をしたいのか?仮説の立案が先です。私はこんなことをしたい、こんなイメージ、この思いを持ったうえで、その仮説を検証するために動きましょう。やみくもにご縁を求めても、自分にとって本当に必要なアイデアやヒントは見つかりません。』

●(創業者D氏)
『名刺はたくさん集まりましたが。』

◎(当事務所担当者)
『本当に必要な名刺の数は、多分十枚から多くて数十枚でしょう。量より質です。動き過ぎずに、一人で考える時間を増やしてください。動く、動く、動くではなく、考える、考える、動く、考える、考える、動く、こんなイメージで行動してください。』
…つづく

■〔Q&A〕その5:創業融資をすぐ受けるべきか?

●(創業予定者E氏)
『小さなお店を開業します。貯金と親からの援助を合わせて800万円あります。とりあえず手持ち資金だけで事業をスタートしてみようと思っています。』

◎(当事務所担当者)
『半年後に黒字化する計画ですね。黒字化が遅れたら、資金不足に陥りますね。』

●(創業予定者E氏)
『予定通り立ち上がらなかったら金融機関に融資をお願いしようと考えています。それに、「借り入れはできるだけするな」と言われています。』

◎(当事務所担当者)
『資金不足に陥った時点で融資を依頼するのと、現時点で融資を依頼するのとでは、後者の方がはるかに借りやすいですよ。また、ぎりぎりの資金計画で開業するよりも、今資金を調達して、資金に余裕を持って経営した方が楽ではないですか?困った時に借入れができないリスクを取るより、今借り入れを起こして金利を払って、使わずに銀行口座に残しておく方法を推奨します。』
…つづく

※「借入れは絶対しない」この決意なら別ですが、「困ったら借りよう」この気持ちがあるなら困っていない今のうちに融資を受けてください。「困った時には借りにくい」この理屈を理解してください。金融機関にあるのはすべて「日傘」です。
「雨傘」はありません。

■〔Q&A〕その6:大きなチャンス?大きな賭け?力相応か?

●(創業者F氏)
『大きなチャンスがきました。この仕事がうまくいけば、一気に事業が立ち上がります。』

◎(当事務所担当者)
(創業10ヵ月目、月商200万円(粗利益100%)の工事請負業様です。)

『少しずつ順調に立ち上がってきましたね。今回受注できそうな仕事は、8,000万円・工期4か月の元受工事ですね。粗利益率はどれくらいですか?』

●(創業者F氏)
『20%ぐらいです。』

◎(当事務所担当者)
『売上高8,000万円、粗利益額1,600万円、原価(外注費)6,400万円になりますね。どこかでつまずいたら致命傷になります。大丈夫ですか?』

●(創業者F氏)
『どんなリスクがありそうですか?』

◎(当事務所担当者)
『施主さんからの支払いが遅れる、途中で設計変更が入って工期がずれる、また、当社の下請けさんの都合で工期が遅れて入金が遅れる等、何かが起きたときに当社に余裕が全くありません。』

●(創業者F氏)
『経営にはリスクが伴うものではないのですか?』

◎(当事務所担当者)
『これは健全なリスクというより、一か八かに近い不健全なリスクに見えますがいかがでしょうか?』『元受は大きな会社に譲って、有利な工事を部分的に請け負ったらどうですか?』
…つづく

※リスクには、「力相応のリスク」と「力不相応のリスク」があります。経営上のリスクは、「力相応のリスク」の範囲に留めてください。

次回号につづきます。

 


※銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、クライアントに『お金の心配をできるだけしない経営を行ってもらう』ための新しい機能(=金融機関対応を含む財務の機能)を持つことを宣言いたします。我々は、『税理士』ではなく、『新・税理士』です。遠慮なくご相談ください。

 

このページの先頭へ